コメント

温泉ドラゴン幕

千葉哲也(俳優)

成功するとか、失敗するとか、売れるとか、 売れないとか…まぁ色々あるこの世界。 演劇で世界は動かないし、戦争も無くならない、 人の役にも立たない…しかも金にもならない。 まして自らでプロデュースし…

コメントなし

染谷将太(俳優)

とても熱い竜一さんと篤さんが 舞台の上に立つととても冷酷だ。 冷たいかわいた空気のなか どうでもいい会話がどうでもよくなくなってくる。 ただし甘くみてると不意をついて 二人は爆発する。 まるで少年のように爆発する、 どう…

コメントなし

天野天街(劇作家・演出家)

でっけえもんな、そびえたってるね、 見上げるほどにさ、温泉竜は。 ときどき瞳孔が 消える直前のローソクみたく儚げに、 ながっぽそく揺れるんだよ。 ノタレじぬくらいの、ヘタレのハナタレの バカタレのクソタレではあるけれど、…

コメントなし

流山児祥 (流山児★事務所主宰・演出家・俳優)

真摯なココロザシこそ! 流山児★事務所を退団した筑波竜一と阪本篤が 2010年シライケイタ作『ESCAPE』で旗揚げしたのが温泉ドラゴンである。 ハードボイルドを「志向」しながらも、 自堕落な身体と思考(思想ではない)し…

コメントなし

木村真悟 [ストアハウス代表]

「オレオレ詐欺」は、基本的には、息子を騙った犯人が、 年老いた母親から金をだまし取る犯罪である。 この犯罪が、成立するためには、「母と息子」というドラマが、 社会的に信用された物語でなければならない。 たとえば、母親は自…

コメントなし

鶴田真由 [女優]

生きてるって、人間って、切ないな、 でも、人生って悪いことばかりじゃないよな、 そんなことを感じたくていつも芝居をし、 芝居を見ているような気がします。 「やっぱり愛だよ” 愛 “」 って思いたい…

コメントなし

西堂行人 [演劇評論家・日韓演劇交流センター副会長]

昨年、上野ストアハウスで上演された温泉ドラゴンの『Birth』は、出色の面白さがあった。 作・演出のシライケイタは今注目の劇作家の一人であり、役者としても魅力的だ。 この作品には、独特のハードボイルドな感覚が漲っている。…

コメントなし